名古屋市天白区/緑区/昭和区/日進市/東郷町/難病鍼灸治療/訪問鍼灸/リハビリ

症状別記事一覧

脳血管障害後遺症とは脳梗塞・脳出血・クモ膜化出血に分けられます。。脳梗塞原因により脳血栓と脳塞栓に分けられる。脳塞栓とはもっとも急激な症状の発現を呈し、発症後数分で症状が完成する。脳血管が塞栓により突然に閉塞することから、片麻痺などの局所神経症候が突発するのが特徴であり、症候は数分以内に完成する。急性期には閉塞動脈の再開通が高頻度にみられ、しばしば出血性梗塞に移行する。脳塞栓の疫学心房細動、心筋梗...

脊柱管狭窄症とは脊柱管狭窄は、多くの場合、先天性に狭窄を起こしやすい形態に、後天性の変形性脊椎症はじめ、脊椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、外傷、手術などが加わることによって起こる。脊柱管狭窄症の疫学40歳以上の男性に多発する。性差は4:1程度。両側性で多椎間のことが多い。脊柱管狭窄症の成因・病態生理脊柱管の形態を決める骨性の因子以外にも脊柱管の横断面積を狭くする因子として、椎間板の関与、黄色靭帯の...

椎間板ヘルニアとは椎間板ヘルニアは英語ではslipped diskやHerniated discと言われています。椎間板は髄核と線維輪により構成され、上下2つの椎体間を連結している。椎間板ヘルニアとはこの椎間板が加齢による変性のために、椎間板後方部分の線維輪に亀裂が生じ、内部の髄核が亀裂を通って膨隆・脱出して神経根や脊髄を圧迫している状態である。 椎間板ヘルニアは頚椎、胸椎、腰椎のどこでも発生する...

大腿骨頸部骨折とは骨粗鬆症を基盤に持つ老人が転倒して殿部や腰を痛め歩けないときはまずこの骨折を想定する。男性より女性に多い。 高齢者が安静を余儀なくされることによる認知症、肺炎、褥瘡、尿路感染、あるいは下肢の静脈血栓、筋力低下や拘縮などによる機能的予後の低下を避けるために、なるべくはやく手術をすすめ、術後はなるべくはやくから起こしてリハビリに努めさせる。生命予後も良好ではなく、本骨折患者の死亡率は...

変形性膝関節症とは膝関節の軟骨の変性、摩擦により関節の破壊が起こり、これに対応して骨硬化や骨棘形成などの骨増殖が起こり、膝関節の変形と疼痛、運動制限を起こす進行性疾患である。変形性膝関節症の疫学老化や肥満以外に原疾患が明らかでない一次性変形性膝関節症と外傷歴や何らかの先天性あるいは後天性の膝関節疾患に続発する二次性変形性膝関節症がある。変形性股関節症とは異なり、膝関節では一次性が多い。40歳以上の...

パーキンソン病とはパーキンソン病は中高年期に発症し、手足のふるえや体のこわばりを特徴とする。緩徐に進行する神経変性疾患である。パーキンソン病の疫学我が国での有病率は、人口の高齢化により増加しており、最近では人口10万人当たり約110人と推定される。女性の有病率は男性の1.5〜2倍ある。パーキンソン病の成因・病態生理神経病理学的には、黒質緻密層・青斑核のメラニン含有細胞の変性と残存細胞内にレビー小体...

関節リウマチとは関節を主病変とし、全身の支持組織を多発性におかす慢性の炎症性疾患である。進行すると、関節の破壊と変形が生じる。関節リウマチの疫学好発年齢は20〜50代で、男女比は1:4である。関節リウマチの成因・病態生理マイコプラズマやウイルスなどの微生物感染が原因とも考えられるが、原因は不明。関節リウマチの症状@関節症状:関節に炎症が生じる。初期には朝に関節がこわばるのが特徴で、やがて関節痛、腫...

骨粗鬆症とは骨粗鬆症とは骨量の減少と骨微細構造の変化のために、骨がもろくなって骨折しやすくなった病態である。骨粗鬆症の疫学80歳前後では人口の約半分が骨粗鬆症、また、50歳以上の全女性の約1/4が骨粗鬆症である。 我が国での椎体骨折の有病率は40代では0〜2%、50代では3〜10%、60代では8〜14%、70代では20〜45%である。大腿骨頚部骨折は、80歳前後では1年間に人口の1000人当たり3...

五十肩(肩関節周囲炎)とは50代を中心として40代後半から60代前半にかけて発来する肩関節の痛みと間接拘縮をおもな兆候とする症候群に与えられた病名である。肩関節周囲炎ともいう。五十肩(肩関節周囲炎)の疫学非常にありふれた疾患である。男女差はない。50代に多い。ついで60代、40代と続く。五十肩(肩関節周囲炎)の成因・病態生理はっきりした原因は不明であるが、五十肩では肩関節周囲軟部組織の加齢による退...

「アスリートの皆さんへ」 治療院などに行った際、電機、マッサージ、シップ、薬を塗ってもう、包帯を巻いてもらう・・・など、それで治療が終わることは多くないですか? ちょっと考えてみてください。 本当にそれで良いのでしょうか? もしあなたのゴールが「日常生活」を送れるようにするならばそれでいいと思います。しかし・・・ アスリートの皆さんのゴールは・・・「競技復帰」だと思います。 つまり、 多くの治療院...

球脊髄性筋萎縮症筋萎縮性側索硬化症 脊髄性筋萎縮症原発性側索硬化症進行性核上性麻痺パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症ハンチントン病神経有棘赤血球症シャルコー・マリー・トゥース病重症筋無力症先天性筋無力症候群多発性硬化症/視神経脊髄炎慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー封入体筋炎クロウ・深瀬症候群多系統萎縮症脊髄小脳変性症(多系統萎縮症を除く。)ライソゾーム病副腎白質ジストロフィー...

鍼灸による癌(がん・ガン) 治療癌(がん・ガン) 体質を改善するのに鍼灸は大変有効です。当院の癌(がん・ガン) への鍼灸は癌(がん・ガン) 体質改善と部位別癌(がん・ガン) 鍼灸治療を行います。1.癌(がん・ガン) 体質の改善治療 身体全体の体力(抵抗力や免疫力)を高める処置を、がん(腫瘍)が育ってしまう体質改善のために必ず治療のはじめに行います。この体質改善処置をしないと局所の症状(痛み、むくみ...

page top