感染症 症状別

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) (Mumps)

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)とは?

ムンプスウイルスに感染することにより、両側のほおが腫れる病気で、耳下腺の腫れが2日以上続きます。おたふくかぜとも呼ばれ、3~10%に髄膜炎を合併することがあります。

冬から初夏にかけて流行し、3~6歳に多くおこります。

このウイルスに感染した場合、1歳児では症状が出るのは20%程度ですが、4歳以降では90%程度、症状が出ます。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)にかかったら?

特別な治療法はなく、症状を少し楽にする方法(対処療法)が行われます。

その他、注意することは??

思春期以降の男性では25%に睾丸炎を合併し、女性では30%に乳腺炎を合併することがあります。

妊婦が感染した場合には自然流産することがあります。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-感染症, 症状別
-,

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病