感染症 症状別

ツツガ虫病(Tsutsugamushi disease)

ツツガ虫病とは?

・ダニの一種の「ツツガムシ」の幼虫に刺されることで感染し、頭痛を伴う突然の発熱や発疹をきたす病気です。

・ツツガムシに刺された皮膚の刺し口に直径1センチ程度の大きさのかさぶたができるのが特徴です。

・この病気は、人から人へ感染することはありません。

・早期に適切な治療を受ければ回復しますが、重症になることもあります。

ツツガ虫病にかからないためには?

・ダニよけの薬剤を皮膚にすりこんでおく事は、ある程度有効です。

・林や草むらに立ち入る場合は、出来るだけ、長そで、長ズボン、長靴など着用し、皮膚の露出を最低限にしましょう。

ツツガ虫病にかかったら?

・早期に診断して適切な抗菌薬を?用することで治りますので、農作業やレクリエーションで林や草むらを歩き回ったあと、 数日から2週間ほどして発熱と発疹が現れた場合には、医療機関を受診し、林や草むらを歩き回った事を医師に伝えてください。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-感染症, 症状別
-

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病