ブログ

簡単そうに見える断食ダイエットは方法を間違えると危険

断食ダイエットは、一切食事を摂らないというダイエット方法ですが、正しい方法で行う必要があります。断食をすると体重を減らすことができるのは、カロリー摂取量を減らすとダイエットができるためです。

ダイエットで大事なことは、カロリーの摂取量を、消費量より少なくすることです。運動量を増やして消費カロリーを多くするという方法もありますが、断食をすれば効率的に摂取カロリーを減らせます。

人体は、食事によるカロリー供給によって生きていますので、断食はカロリーを得られなくなって体に負担がかかります。体内に取り入れるカロリーが不足すれば、人間の体は筋肉や脂肪をエネルギーに変えるので、ダイエットになります。

人体の機能をうまくつかえば、食事を減らしてスムーズにダイエットができそうですが、正しい方法で行うことが大事です。長期にわたって食事の摂取量を減らし続けると身体によくないので、専門的な知識に基づいた断食が重要です。

専門的な知識を持たずに、ダイエットを目的とした断食を行う場合、3日以上はいないようにしましょう。何日かの断食を続けた後、ダイエット前の食事に戻す時は、段階的に行わないと、リバウンドする可能性があります。

食事が摂れない期間が続くと、人間の体は代謝を落として、余分なエネルギーを使わないようにします。断食の結果、目標の体重にまでダイエットができたからといって急に以前の食事量に戻すと、リバウンドしかねないのです。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ
-

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/脳卒中/脳血管障害/パーキンソン病/難病専門