ブログ

小顔効果のある表情筋を鍛えるダイエット方法

2021年9月3日

寝て起きると、顔がむくんでいて、顎のシャープさがなくなっている場合があります。体重を減らして小顔になろうとする人もいますが、痩せても顔は小さくならないこともあります。

小顔になるためには、どんな要因があって顔が大きく見えるかを把握することが重要になります。小顔になれない理由として、顔に脂肪がついている場合や、表情筋が弱まって皮膚がたるむは合い、むくみが出る場合などがあります。

小顔ダイエットでは、これらの要素を改善することが大切になります。筋トレやリンパマッサージ、塩分やアルコールなど水分の摂りすぎ制限することで小顔効果が期待できます。

小顔になるためのエクササイズとしては、下を回す方法や、風船を膨らませる方法などがあります。頬の内側を舌で捺すようにして、舌を回す運動は、表情筋の強化にもなります。

風船を使った小顔ダイエットのコツは、息を吹き込むことで、体を使ってしっかり呼吸をすることです。深く息を吸って吐く動作は、腹回りの筋肉を使う運動になりますので、小顔効果が得られるほかに、体脂肪の燃焼を促しダイエットに役立てることができます。

手間のかかることはする気がないという人は、日々の食事を摂るときに噛む回数を増やすだけでも顔の運動になります。どれも簡単にできるダイエット方法なので、毎日継続することで誰でも小顔を手に入れることができるでしょう。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ
-,

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/脳卒中/脳血管障害/パーキンソン病/難病専門