ブログ

体型を理解してウエストをダイエットする方法

2022年8月10日

ダイエットでお腹周りのシェイプアップをしたいと考えている場合、ウェストの状態や、脂肪がどうしてついたかを知ることが大事です。太っている人のウエストの膨らみ方には、リンゴ型と洋ナシ型とがあって、体脂肪のつき具合が違います。

リンゴ型と洋ナシ型は、どちらも果物のリンゴや洋ナシに似た形をしています。ウェストの膨れ方で見分けることができます。内臓脂肪が多い人はリンゴ型肥満になり、皮下脂肪が多い人は洋ナシ型肥満になる傾向があります。リンゴ型体型になると、腹周りが丸く膨れ、ウエストサイズが増えすぎるのが困りものです。

内臓脂肪が多いとリンゴ型の体型になりますが、内臓脂肪は運動などで燃えやすい脂肪なので、体を動かすといいでしょう。積極的に体を動かし、身体に溜め込まれている脂肪がどんどん燃えるように運動をすることで、お腹が引き締まります。

自分の体質に合わせたダイエットをするためには、リンゴ型か、洋ナシ型かを認識する必要があります。下半身痩せを目指すのか、ウェスト痩せを目指すのかでも、相応しいダイエット方法は異なっていることを理解しましょう。

ダイエットを始めてすぐの段階は、リンゴ型体型の人はスリムアップの効果を実感しやすいでしょう。ダイエットをしてウエストを細くしたいと考えてるなら、食事を摂りすぎない心がけも重要になります。

自分の体型について理解を深め、効率的なダイエットを実行するにはどうすればいいかを検討することがウエストダイエットの基本です。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ
-

© 2022 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/脳卒中/脳血管障害/パーキンソン病/難病専門