ブログ

ヒートショックには室内の温度差に要注意!

2020年12月15日

急な温度変化で血圧の急上昇や急低下で心臓や脳に大きな負担がかかるとヒートショックを起こします。脳梗塞や心筋梗塞・失神など冬場に高齢者に起こりやすい。

 

ヒートショック対策

部屋ごとの温度差をできるだけ同じにする。

 

メモ

  • 浴室と一緒に脱衣所も暖める
  • トイレと洗面所も暖める。

 

 

冬こそこまめな換気をしよう。

寒いと換気をしたくなくなりますが、二酸化炭素やほこりなどで部屋の空気が汚れ、体調を崩しやすいです。エアコンをつけるとへんな咳がでる方も多いようです。最近ではコロナウイルス感染が流行っていますが、換気が重要になりますので、しっかり対策をしましょう。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病