ブログ 健康情報

ダイエットを成功に導くためにはストレッチだけでは不十分

2020年7月13日

ダイエット効果を期待してストレッチをしているけれど、十分な効果が得られていないという方います。

ダイエットの効率をアップするためにストレッチをするという方法は有用ですが、ストレッチをしたから痩せるということはありません。基本的なダイエットの考え方は、摂取カロリーより、消費カロリーのほうを、少なくすることです。

ストレッチを長時間行ったとしても、消費されるカロリーはほんのわずかなので、大きな効果はありません。ストレッチの動作は柔軟性を高める作用はありますが、消費エネルギーを多くするために行うものではありません。

筋肉がほぐれて血行が促進されることで基礎代謝がアップすれば、ダイエット効果につながります。ダイエット目的でストレッチを行う時に注意したいことは、ストレッチは直接的なダイエット効果はないということです。

カロリー消費量を多くしたいと思っているならぱストレッチは効果が今一つなので、別のやり方も必要になります。いかに消費するカロリー量を増やし、摂取するカロリー量を減らすかが、ダイエットの鍵を握ります。

しかし、ストレッチをすることがダイエットにまったくよい影響がないわけではありません。ストレッチを行うことで体が柔らかくなり、関節の可動域が広がります。

関節を広く動かすことができれば、できる姿勢や、筋肉の動かし方に関する選択肢が多くなりますので、効率的にエネルギーを消費できます。ストレッチそのものにダイエット効果は期待できませんが、間接的にダイエット成功に貢献してくれることが期待できるのです。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ, 健康情報
-

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病