腸管出血性大腸菌感染症

感染症 症状別

腸管出血性大腸菌感染症(O157)(Enterohemorrhagic Escherichia coli )

腸管出血性大腸菌感染症とは? ・食品(生肉や野菜など)や水を介して、特定の大腸菌(腸管出血性大腸菌)に感染した場合に発症し、 無症状や軽症で終わるものがほとんどですが水様の下痢、激しい腹痛、大量の鮮血 ...

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/脳卒中/脳血管障害/パーキンソン病/難病専門