ヘルパンギーナ

感染症 症状別

ヘルパンギーナ(Herpangina)

2020/5/15    

ヘルパンギーナとは? コクサッキーウイルスなどにより、38~40度の発熱で発症し、同時に喉が痛む病気で、発熱が1~3日続き、食欲不振、全身のだるさ、頭痛などを起こします。 一般的に経過は良好で、後遺症 ...

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/脳卒中/脳血管障害/パーキンソン病/難病専門