ブログ

顔のたるみ解消に役立つリフトアップのための簡単エクササイズ

2020年10月10日

頬の垂れやほうれい線が目立ってくると、顔が老け込んで見えるようになってしまいます。手軽にできる表情筋の運動などを覚えて、すぐに対処をしましょう。顔の垂れがどうして起きてしまうかというと、表情を司る筋肉が力を失ってしまうことがあげられます。

筋肉は使っていれば力を取り戻すので、意識して使うようにしてみましょう。表情筋を意識して使うことでリフトアップをはかり、顔の老け込みを防止していくことができます。表情を司る筋肉を意識して使うための方法に、舌を利用するものがあります。

れろれろ体操と呼ばれており、れと発音しながら下を出して、ろと言いながら口の丸めるエクササイズです。「れ」を発音する時に舌を出し、「ろ」を発音する時に舌を巻くようにします。

音を出せないような場面では舌だけ動かせば問題ありません。このレロレロエクササイズを行なうことで、顔のリフトアップという目的のうち口の周囲のリフトアップをすることができます。リフトアップの別の方法として、口の中で舌を回すことによって周囲の筋肉のエクササイズをするというものがあります。

この運動は口を閉じ、周囲の歯をなめるような感じで舌を大きく回していきます。右回りで10回、反対に左回りで10回行ないます。この時に大事なのは、口の周囲の筋肉をきちんと使うことです。そうすることで口の周囲のリフトアップをはかることができるのです。

リフトアップのためには、毎日エクササイズを行うことが大切です。こういった単純なリフトアップ法は効果が高いにもかかわらず財布に優しいですし、特別な準備なしに行なうことができます。暇を見つけてやってみるといいでしょう。

エクササイズと併用で美容鍼灸を行うと効果的です。美容鍼灸に興味のある方はご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ
-

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病