ブログ

胃がんで寝たきりだった方が鍼灸治療で歩けるようになった

2021年4月21日

胃がん 85歳男性

同業者(鍼灸接骨院)からの訪問依頼があり伺いました。

胃がんで寝たきりになり、食欲不振だった患者様が鍼灸治療で食欲も回復し、室内歩行ができるまでに回復しました。

また、好きだったタバコも吸えるようになりました。担当医からは余命2年といわれていましたが、今では6年目が過ぎました。

食欲を回復させ、下肢の筋肉を向上させることにより、普段の生活に戻れるようになりました。

 

 

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病