セミナー

無添加のサプリメントを選ぶときに気をつけること

2021年8月11日

サプリメントを選ぶ時には、保存料や、香料などの添加物が入っていない、無添加のサプリメントがお勧めです。

しかし、一切添加物を使っていないサプリメントかどうかを見極めることは難しいです。なぜなら、添加物には体に悪影響を及ぼすものもあれば、全く問題ないものもあり、一概に判断できないからです。

サプリメントを作るうえで必要な添加物もあり、それが無くては製品にはなりません。添加物の中には、有効成分の変質を防ぐものもあり、サプリメントの使用期限を長く設定するためには欠かせません。

無添加を謳ったサプリメントには、サプリメントの成分は無添加でも、カプセルは添加物を含有するもともあります。無添加で販売されているサプリメントは販売額が高くなりがちですが、これは製造にかかる金額が高いためです。

添加物の中には味を調整してくれるものがありますが、無添加となると味の調整もできません。サプリメントは短期間ではなく長く続ける必要があるので、味の良し悪しも考慮した製品づくりをする必要があります。

無添加でないサプリメントを選ばざるを得ない時には、できるだけ安全性の高いものにしましょう。合成甘味料、合成着色料、合成保存料が、添加物をチェックする時に、特に気にしたい物質になります。

サプリメントを吟味する時には、発がんなどの問題があるという添加物を使っていない、できるば無添加の商品が適しています。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-セミナー
-

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/脳卒中/脳血管障害/パーキンソン病/難病専門