ブログ 東洋医学

東洋医学の診断法

2022年1月3日

東洋医学では診断の種類が4つあります。

四診法

望診(神技):視覚を通して病態を診察する

聞診(聖技):聴覚、嗅覚を通じて病態を診察する

問診(工技):問いかけと応答により病態を診察する

切診(巧技):指頭、指腹及び手掌の触覚を通じて病態を診察する

チャングムやホジュンのように見ただけで診断が下せる技術を神技として最高位に置いていた。当院でも望診、聞診、問診、切診すべてを使って診察していきます。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ, 東洋医学
-

© 2022 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/脳卒中/脳血管障害/パーキンソン病/難病専門