ブログ

更年期になると利用されているサプリメントとは

2021年10月5日

更年期の症状を軽くするため、サプリメントで大豆由来のイソフラボンを摂りましょう。女性の体は更年期においてホルモンに変化が生じ、それによって今までなかったような体調変化が起きるようになります。

更年期にそのようにして体調が変化するのは大変な経験ですので、サプリメントなどで対策を取りたいと思う方もあるでしょう。そうしたサプリメントには、イソフラボンという大豆の成分が含まれていて、これは卵胞ホルモンの減少による更年期特有のつらさを軽減してくれる効果があります。

当然ながら、イソフラボンは大豆を摂取することで得られますが、サプリメントでより効率的に摂ることができます。更年期の症状の原因となる女性ホルモンはエストロゲンと呼ばれているものですが、イソフラボンという成分はそれに機能が似ているとされています。

サプリメントを使ってイソフラボンを得られれば、体内のホルモンバランスの乱れがある程度ましになります。更年期に多くの人が悩まされるのが、急に顔が熱く感じられたり、突然汗が止まらなくなったり、といった体調変化です。こうした体調変化は、大豆イソフラボンを多く摂っている人には見られにくいというレポートがあります。

さらに、エクオールと呼ばれている成分も更年期に減少する女性ホルモンと類似した働きをすることが分かっています。大豆イソフラボンを取り込むと、腸に棲んでいる細菌の持つ作用によってエクオールができるのです。

日本人の場合、エクオールを作り出すことができる腸内細菌が腸の中にいる割合はだいたい1/2だとされています。エクオール産生菌がいない人の場合、大豆イソフラボンのサプリメントだけではなくエクオールのサプリメントも利用すべきかもしれません。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ
-

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/脳卒中/脳血管障害/パーキンソン病/難病専門