ブログ 健康情報

指体操で脳に刺激を与え、脳の活性化。片麻痺もあきらめない

1950年ペンフィールド博士は身体の各部に割り当てられた大脳皮質の地図を作って話題を集めました。手や指に割り当てられた領域は、幅広く、指先を使うことによりシナプスの可塑性が促進され、神経細胞が減少するのを補っている。

指先の動きが複雑に動かすことが前頭連合野が活性化して、高次元活動が出来るようになる。指先を動かすことで脳が刺激され、脳の血流が増え、神経細胞ネットワークの再生が盛んになり脳が元気になります。

 

グーパー運動

  1. 左手は親指を外に出して握り、右手は親指を中に火れて握る。
  2. 両手をパーに開きます。
  3. 1.2を繰り返す×3回

 

 

当院では脳梗塞後遺症治療、パーキンソン病治療及びリハビリを加え片麻痺で動かなくなった手指や下肢を治療していきます。

 

 

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ, 健康情報
-

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病