ブログ 東洋医学

手の太陰肺経とは

手の太陰肺経の流注

手の太陰肺経は中焦に起こり、下って大腸を絡い、かえりて噴門部をめぐり、横隔膜を貫いて肺に属する。肺から気管、喉頭をめぐって腋下に出て、上腕前外側、肘窩(尺沢)、前腕前外側、手関節前面横紋外端の橈骨動脈拍動部(太淵)、母指球外側を経て、母指球外側端に終わる。前腕下部(列缺)より分かれた支脈が、示指外側端に至り、手の陽明大腸経につながる。

手の太陰肺経の病証

上腕前面外側の痛み、手掌のほてり

喘咳、息切れ、胸苦しさ、胸の熱感

手の太陰肺経のツボ

中府(ちゅうふ)

雲門(うんもん)

天府(てんぷ)

侠白(きょうはく)

尺沢(しゃくたく)

孔最(こうさい)

列缺(れっけつ)

経渠(けいきょ)

太淵(たいえん)

魚際(ぎょさい)

少商(しょうしょう)

 

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ, 東洋医学
-,

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/脳卒中/脳血管障害/パーキンソン病/難病専門