ブログ

リバウンドのメカニズムを考慮したダイエットを

2021年1月11日

確実性の高いダイエットをするには、まずリバウンドのメカニズムは何か知ることです。リバウンドが起きる原因のひとつに、ホメオスタシスという体の保護機能が大きく関わっています。

食事制限によるダイエットをすると、開始後しばらくは順調に体重が減る方がほとんどです。とはいえ、減らした食事を継続していると、少しずつ体重の減りが鈍化していき、最終的には体重が落ちにくくなります。

カロリー制限は続けているのに、体重の減りが滞る状態を停滞期といい、体質によって違いますが1カ月くらいで終わります。停滞期が起きるのは、ホメオスタシスという身体の働きが発生しているためであると言われています。

短期間に体重が大幅に落ちるほど食事の摂取量が減ってしまうと、身体は問題か発生したと見なして、カロリーを使わないようにと反応します。消費されない分のエネルギーは脂肪となって蓄えられ、これがリバウンドする原因となります。

ホメオスタシスは、短い期間で急激に体重が減少した際に働くものなので、ダイエット時には注意が必要です。リバウンドが起きないようにするには、急いで体重を減らすようなダイエットをしないことが肝心です。

ゆっくりと体重を減らしていけば、ホメオスタシスは反応しません。リバウンドのないダイエットをするには、気長に取り組むことです。リバウンドしないダイエットをするためにも、急ぎで目覚ましい痩身効果を得るような痩せ方は、しないようにするべきでしょう。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ
-

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病