ブログ 健康情報

パーキンソン病のすくみ足を解消する方法

2020年8月8日

パーキンソン病になると足が前に出ない「すくみ足」になることがあります。鍼灸治療だけではなく、治療がない日は各自で正しくリハビリすることが転倒予防になります。

パーキンソン病の「すくみ足」を解消する方法

  • 1,2,1,2と声を出して歩くこと。
  • 方向転換は大回りに回ること。
  • 足が出ない時は横断歩道の白い線をまたぐように足を出す。
  • 足が出ない時は片足を一歩下げ、かかとをつけると足が出しやすくなる。

すくみ足で膝が上がらない、バランスが悪い時

  • 椅子の背をもって交互に10秒ずつ膝を高く上げ、保持する。
  • 足を上げる時は姿勢を良くして、下を見ない。前を見ること。

 

パーキンソン鍼灸治療及びリハビリを続けることにより筋力アップやバランス感覚の向上などが期待できます。足が上げやすくなった、転倒しなくなったなどの患者様からの声を頂いております。

*効果には個人差があります

 

当院ではパーキンソン病鍼灸治療を行っています。パーキンソン病の症状に特化した治療法です。パーキンソン病の進行速度を遅らせ、すくみ足や便秘、睡眠障害、うつなどの治療も同時に行います。パーキンソン病でお悩みの方はご連絡ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ, 健康情報
-

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病