ブログ 健康情報

ダイエット成功のためには炭水化物の摂り方に注意

使い切れなかったカロリーが脂肪になって溜め込まれると肥満になります。脂肪の増加を抑えるには糖質の制限が大事です。よくある勘違いに、甘くなければ糖質ではないという認識がありますが、実は炭水化物も糖質として扱われています。とはいえ、炭水化物を一切摂らずにダイエットを使用としても、健康の維持を阻害してしまいます。

生命維持機能を稼働させ、体を動かすために必要なエネルギーを確保するには、炭水化物が大事です。パンやご飯は炭水化物を多く含んでおり、食事の中核をなすものですが、始めに主食から箸をつけると、量を摂りすぎることがあります。うっかり食べ過ぎてしまわないようにするには、小鉢や主菜を最初に食べて、ご飯は最後に食べる習慣をつけることです。

既に、胃に食べ物が入っている状態で白いご飯を食べ始めれば、たくさん食べることを回避できるでしょう。朝はきちんと食べること、昼は遅くならないようにすること、夜は食べ過ぎないことが秘訣です。1日のカロリー摂取量は同じでも、食べる習慣によって結果は異なります。ダイエットを成功させるには、夜にたくさん食べ過ぎないこと、無闇な夜食はしないで、体内のカロリーを1日で使い切ることです。

夕食を食べてから、起きている時間が長いと、お腹が空いて、夜食の誘惑が強まります。普段の食事の内容をチェックして、食べる順序を変えたり、主食の量を減らしてダイエットに役立てましょう。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ, 健康情報
-

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病