ブログ 健康情報

ダイエットをする時にはリバウンドの対策が必要

2020年7月7日

ダイエットの失敗につながるリバウンドは、誰にでも起こり得るものなので、未然に防ぐための対策をしておきましょう。ダイエット中にリバウンドが起きると、どんなに順調に進んでいたダイエットも無意味になってしまいます。

リバウンドとは、体重をある程度まで減らせたのに、何かのきっかけで一気に減った体重が戻ってしまったり、ダイエット前より太ってしまうことです。リバウンドが起きると、それまでせっせとダイエットのための努力をしてきたのに、何もかもがなかったことになります。

毎日の食事の量を大幅に減らした場合、最初は順調に体重が落ちていきますが、いずれ体重の減りが鈍化するようになります。体重が減らない状態は、その後しばらく継続します。この時点で食事量を元のものに戻すと、一気に体重が増えて、リバウンドしてしまいます。

また、しばらく食事量を減らすと満腹中枢がそれに合わせて変化します。いくら食べても満腹感を得にくくなるので、食事量が過剰でも気づきにくくなり、いつの間にかカロリーオーバーになってしまうのです。リバウンドを起こしにくいダイエットをするには、食事制限はほどほどにすることです。

リバウンドが起きやすくなる理由は、一気に食事の量を減らしたために、体への負担が大きくなるということです。身体に負担がかからないように、ちょっとずつ痩せられるようなダイエットをしたほうがいいでしょう。ダイエットがうまくいった後も、急に食事の量を元に戻すのではなく、様子を見ながら少しずつ戻しましょう。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ, 健康情報
-

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病