ブログ 健康情報

ダイエットのためには料理の作り方や食べ方にも工夫が必要

2020年7月20日

効率的にダイエットをするためには、料理の内容にも注意をしたほうがいいでしょう。現在の日本の食事は、塩分過多な上、糖質や脂質に偏りやすい傾向がありますが、ダイエット時には改善が必要です。

脂質、糖質、塩分の摂りすぎを控えるためには、まず調味料の扱いについて知ることです。ダイエットのためには、料理に使用する調味料を上手く使うことで、摂取カロリーを抑えることができます。

ダイエット中の食事で、おかずの味を濃くしすぎると、ご飯やお酒の摂取量も増えがちです。味噌や醤油など、塩分を多く含む調味料を使いすぎることは、健康を保つためにもおすすめでぎません。

しょっぱいものや、甘いものばかり好んでいると、健康診断の結果にも響きますので、日頃からの心がけが重要です。ダイエットに取り組む際に起きる問題として、家族の中で自分だけがダイエット用の献立にしなければならないことがあります。

最終的な味の調整は各自でできるように、調味料をし食卓に用意しておいて、個々に微調整が可能な状態にするのもいい方法です。ダイエット中はどうしても食事制限を行わなければいけないので、他の人が気にせずに食べていると気になってストレスになってしまうことがあります。

朝食や昼食で摂取カロリーを減らし、夕食は通常どおり食べることで、ダイエットをしてもいいでしょう。継続的にダイエットを実践するためにも、食事の時間がストレスにならないような配慮が重要になります。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ, 健康情報
-

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病