ブログ 健康情報

ストレッチを積極的に取り入れて効率のよいダイエットを

2020年7月10日

食べる量を少なくしてダイエットをしようとする人は多いですが、リバウンドの可能性が上がりますし、体への負担にもなります。体重を減らすためのダイエットは、単に痩せればいいのではなく、リバウンドの対策や、健康増進効果も意識したほうがいいでしょう。

運動が得意でなくて、体を動かすことが好きではないという人でも、自宅で簡単にできるストレッチなら、継続しやすいのではないでしょうか。大抵の人は、子供のころに学校で習ったストレッチを覚えているでしょうし、ラジオ体操をするという方法もあります。

インターネットで、ダイエットやストレッチというキーワードで検索をすると、動画や画像などで、様々なストレッチが紹介されています。ダイエットストレッチで大事なことは、継続的に実践することです。中断せずに続けることで、ダイエットの効率がアップします。

体が柔らかい時ほどストレッチがしやすくなりますので、風呂から出たばかりの体温が高いままの時などか適しています。ダイエットのためにストレッチをすることは、ただ体重を減らすのではなく、筋肉を増強して身体のプロポーションを整える作用が期待できます。

見映えのするボディバランスを得るには、体重を減らすばかりでは不十分です。筋肉をつけて、体を引き締めることも目指しましょう。筋肉にはミルキングアクションという働きがあり、血液を循環しやすくすることで、基礎代謝を活発にする役割を担っています。

固くなっている筋肉をストレッチでほぐすことは、基礎代謝を高めダイエットを促す作用があります。ストレッチで大事なことは、継続して取り組むことですので、日々の生活サイクルの中でストレッチをする時間を習慣にすることが大切になります。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ, 健康情報
-

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病