ブログ

サプリメントの販売許可と購入時の注意点

2021年11月9日

食べるものを販売する時には法律の制約があり、サプリメントも例外ではありません。サプリメントの中には食品ではなく医薬品として販売しているものもあり、その場合は販売者の資格が条件になります。大抵のサプリメントは医薬品成分が配合されていませんが、その時は食品扱いになり、食品衛生法が適用されます。

サプリメントを販売する時には、原材料や配合成分などが記載された書類を提出する必要があります。また、許可が降りたとしても、サプリメントの販売においては、あまり効果を明言しすぎてはいけません。例えば、この痛みに効くなどと明記してしまうと、医薬品として判断される場合があるからです。

個々人の体質によって効果の現れ方は違うという前提で、その人がどう感じたかを書くくらいなら問題ありません。薬として飲むのではなく、栄養バランスを整えるために使うというポジションでサプリメントは販売することになります。仮に、サプリメントの商品説明部分に、疾患の改善効果や体調不良の解消という表記があったら、警戒する必要があります。

法律を守って、しっかりとした表記や説明文章で販売されているサプリメントのほうが、安心して使うことができます。あからさまな誇大広告をしているサプリメントやはっきりと効果を断言しているものは、許可を得ていない場合もあります。

サプリメントが販売されるまでの背景を知ることで、信頼できるサプリメントかどうか判断するための足がかりになります。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ
-

© 2021 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/脳卒中/脳血管障害/パーキンソン病/難病専門