ブログ

コレステロールが気になる人が摂るべき食事とは

2020年10月14日

血液中のコレステロールが多いことは体に良くないと思っている人は多いかもしれませんが、体に必要なコレステロールもあります。人間の体では、コレステロールを使って胆汁酸やホルモンをつくったり、細胞膜を覆ったりします。悪玉コレステロールは、血液中にたくさんあると体にとって良くないので、減らさなければいけないといいます。

様々な食べ物にコレステロールは入っています。代表的なものは肉類や卵でしょう。コレステロールの多いものを食べないようにすることで、血中コレステロール値の増加を防げます。体の中にあるコレステロールは、ほとんどが体内でつくられたものです。

コレステロールを多く含む食事を摂った時は、体内での生成量を減らします。ほとんどが体内で作られていることが考えれば、食事で得るコレステロール量が多くても、少なくても、変わりはないと主張する人もいます。

食事内容を検討する時は、コレステロールにこだわりすぎて、他の栄養が不足しては意味がありません。人間の身体は色々な栄養を消費しながら生きていますので、コレステロールの摂取量だけで献立を決めるわけにはいきません。

コレステロールを含む食事も体にとって役立つ部分もありますので、適正な摂取量は守ることが大切です。悪玉コレステロールを減らすには、オリーブオイルなどに含まれるオレイン酸が有効だと言われていますので、コレステロールを何とかして減らしたい人は使ってみるといいでしょう。

日々の食事でどんなものを食べて、どの食材を控えるかで、コレステロール値を下げることが可能です。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話番号: 070-5039-2332 メール: houmonsmart☆gmail.com

ココがポイント

治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)後ほど当院から必ずご連絡致します。 メールアドレスは☆マークを@に変更してください。

ココに注意

患者様専用電話なので営業・勧誘の電話はお断りいたします。

 

-ブログ
-

© 2020 訪問鍼灸すまあと 脳梗塞後遺症/自律神経 難病/パーキンソン病