名古屋市天白区/緑区/昭和区/日進市/東郷町/難病鍼灸治療/訪問鍼灸/リハビリ

風しん(三日はしか)(Rubella)

風しん(三日はしか)とは?

風しんウイルスによって引き起こされる病気で、感染して2〜3週間後に軽いかぜ症状で始まり、発熱とともに全身に淡い発しんが出現します。耳や首の後ろのリンパ節が腫れることもあります。
通常、3日程度で消失するので『三日はしか』とも呼ばれます。しかし、まれに、血小板減少性紫斑病、脳炎などを合併することがあります。

 

妊娠初期の女性が風しんにかかると、風しんウイルスが胎盤を介して胎児に感染し、新生児が白内障、先天性の心臓病、難聴などの病気(先天性風しん症候群)にかかって生まれてくることがあります。

 

 

風しん(三日はしか)にかかったら?

特別な治療法はなく、症状を少し楽にする方法(対処療法)が行われます。

 

妊娠中の女性が、風しんにかかった場合、あるいはその疑いがある場合は、その旨を医師に説明してよく相談してください。

page top