名古屋市天白区/緑区/昭和区/日進市/東郷町/難病鍼灸治療/訪問鍼灸/リハビリ

咽頭結膜炎(プール熱)(Pharyngeal conjunctivitis)

咽頭結膜炎(プール熱)とは?

・アデノウイルスの感染により、発熱(38〜39度)、のどの痛み、結膜炎といった症状をきたす、小児に多い病気です。

 

・プールを介して流行することもあるので、プール熱と呼ばれることもあります。

 

・通用、6月ごろから徐々に流行し始め、7〜8月にピークとなります。

 

 

咽頭結膜炎(プール熱)にかからないためには?

・流行時には、流水とせっけんによる手洗い、うがいをしましょう。

 

・感染者との密接な接触は避けましょう。(タオルなどはべつに使いましょう)

 

・プールからあがったときは、シャワーを浴び、目をしっかり洗い、うがいをしましょう。

 

 

 

咽頭結膜炎(プール熱)にかかったら?

・特別な治療法はありませんが、ほとんど自然に治ります。吐き気、頭痛の強いとき、せきが激しいときは早めに医療機関に相談してください。

page top