HOME > 変形性股関節症

変形性股関節症

変形性股関節症とは

股関節の軟骨の変性、摩擦により関節の破壊が起こり、これに対応して骨硬化や骨棘形成などの骨増殖が起こり股関節の変形と疼痛、運動制限を起こす進行性疾患である。

変形性股関節症の疫学

原疾患が明らかでない一次性変形性股関節症と、先天性股関節脱臼、同亜脱臼、臼蓋形成不全などの疾患に続発する二次性変形性股関節症がある。我が国では一次性は約15%程度、二次性は約80%である。二次性の基礎疾患は女性に圧倒的に多いため、変形性股関節症もまた女性に多い。

変形性股関節症の成因・病態生理

軽症の先天性股関節亜脱臼や臼蓋形成不全はしばしば治療されずに放置されることがあるが、20歳前後で何らかの症状を呈してくる。主たる成因は加齢現象による軟骨の変性と股関節にかかる体重の3倍にもなるという荷重である。二次性変形性股関節症の先行する股関節疾患には上記のほか、化膿性股関節炎、ペルテス病大腿骨頭すべり症、大腿骨頭壊死症、関節リウマチなどがある。

変形性股関節症の症状

歩行や立ち座り、寝返りなどの股関節運動時の股関節部痛と跛行および可動域制限をきたす。歩容はトレンデレンブルグ徴候陽性である。

変形性股関節症の一般治療

保存的治療、人工関節全置換術。

変形性股関節症の予後

進行は緩徐であるので、保存的な療法でしばらく経過を観察して進行するようであれば、また、疼痛が強いようであれば観血的治療を考える。


お問い合わせについて

電話番号070-5039-2332  メールhoumonsmart@gmail.com
*治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)

後ほど当院から必ずご連絡致します。

▲ページトップに戻る