HOME > 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは

椎間板は髄核と線維輪により構成され、上下2つの椎体間を連結している。椎間板ヘルニアとはこの椎間板が加齢による変性のために、椎間板後方部分の線維輪に亀裂が生じ、内部の髄核が亀裂を通って膨隆・脱出して神経根や脊髄を圧迫している状態である。 椎間板ヘルニアは頚椎、胸椎、腰椎のどこでも発生するが、下部腰椎に発生が多い。

椎間板ヘルニアの疫学

20代から40代の男性に好発する。後発部位は第4腰椎と第5腰椎の間、第5腰椎と第1仙椎の間でこの2間で80%を占める。

椎間板ヘルニアの成因・病態生理

椎間板にはほとんど血管がなく栄養は周囲組織からの拡散に依存し捻転外力が加わると線維輪の亀裂を起こしやすくなる。

椎間板ヘルニアの症状

腰椎と下肢痛がある。下肢筋力低下やしびれは痛みよりやや遅れて出現する。まれに巨大ヘルニアにより急性の両下肢筋力低下、感覚障害、膀胱直腸障害が出現する場合がある。

椎間板ヘルニアの一般治療

保存的治療、薬物療法、温熱療法、外科的手術など

椎間板ヘルニアの予後

症状が疼痛だけのものでは長期予後は80%は良好。


お問い合わせについて

電話番号070-5039-2332  メールhoumonsmart@gmail.com
*治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)

後ほど当院から必ずご連絡致します。

▲ページトップに戻る