HOME > 五十肩(肩関節周囲炎)

五十肩(肩関節周囲炎)

五十肩(肩関節周囲炎)とは

50代を中心として40代後半から60代前半にかけて発来する肩関節の痛みと間接拘縮をおもな兆候とする症候群に与えられた病名である。肩関節周囲炎ともいう。

五十肩(肩関節周囲炎)の疫学

非常にありふれた疾患である。男女差はない。50代に多い。ついで60代、40代と続く。

五十肩(肩関節周囲炎)の成因・病態生理

はっきりした原因は不明であるが、五十肩では肩関節周囲軟部組織の加齢による退行変性を基盤に炎症性病変を生じた症候群である。

五十肩(肩関節周囲炎)の症状

40代後半から60代にかけて徐々に発病する肩周囲の疼痛と運動制限。 疼痛は寒冷によって増悪し、また、夜間に強くなる傾向がある。痛みは肩周囲のみならず上腕や肘まで放散することがある。肩の局所の熱感や発赤、腫脹は顕著なものはない。もしそうした症状があって、疼痛が激しい場合には五十肩よりも石灰沈着性腱板炎を疑う。また、発症の比較的早期の段階においても拘縮を認める。一方、拘縮がない場合には五十肩よりも腱板断裂や上腕二頭筋長頭腱障害を示唆する。

五十肩(肩関節周囲炎)の一般治療

保存的治療、手術療法。

五十肩(肩関節周囲炎)の予後

五十肩(肩関節周囲炎)の場合、痙縮期→拘縮期→回復期と各期数ヶ月をかけて経過し、予後はおおむね良好で1年ないし1年半で日常生活に支障がなくなることが多い。


お問い合わせについて

電話番号070-5039-2332  メールhoumonsmart@gmail.com
*治療中・移動中は電話に出られない場合がありますので、留守番電話にメッセージをお残しください。(お名前、お電話番号、ご用件)

後ほど当院から必ずご連絡致します。

▲ページトップに戻る