名古屋市天白区/緑区/昭和区/日進市/東郷町/難病鍼灸治療/訪問鍼灸/リハビリ

ヘルパンギーナ(Herpangina)

ヘルパンギーナとは?

コクサッキーウイルスなどにより、38〜40度の発熱で発症し、同時に喉が痛む病気で、発熱が1〜3日続き、食欲不振、全身のだるさ、頭痛などを起こします。

 

一般的に経過は良好で、後遺症は残らず、2〜3日以内に回復します。

 

1〜4歳くらいまでの乳幼児がかかりやすい、夏かぜの代表的な病気の一つです。

 

ヘルパンギーナは、急性期には、のどからウイルスが排泄されるため、せきをした時のしぶきにより感染します。

 

急性期〜回復期(発症後4週間後ころまで)には、便からウイルスが排泄されます。

 

 

 

ヘルパンギーナにかからないためには?

特別な予防法はなく、おむつの交換など便を扱ったあとは手洗いをきちんとすることと、洗濯物を日光で乾かすことなどです。

 

 

ヘルパンギーナにかかったら?

特別な治療法はなく、症状を少し楽にする方法(対処療法)が行われます。

page top