名古屋市天白区/緑区/昭和区/日進市/東郷町/難病鍼灸治療/訪問鍼灸/リハビリ

乳ガン(乳がん・乳癌) (breast cancer)

乳ガンとは

乳腺に発生するガンである。減少している子宮頸ガンと異なり、乳がんは増加している。その理由として、食生活の欧米化、ことに脂肪摂取量の増加が上げられる。

 

 

乳ガンの成因・病態生理

乳がんは、家計内に乳がん患者がいる、未婚、未産婦、初産が30歳以上、閉経年齢が55歳以上、肥満女性などに多い。好発年齢は45〜50歳であるが高齢化傾向にある。

 

 

乳ガンの症状

腫瘤を触れる。乳頭分泌や湿疹様びらんをみることもある。

 

 

乳ガンの一般治療

手術が基本である。抗がん薬、ホルモン薬を使用することもある。

 

 

乳ガンの予後

ガンが局所に限局したT期では90%の5年生存率であるが、遠隔転移したW期では15%と悪くなる。

page top